ストレスや生活リズムの乱れが誘因となって 発症することの多い双極性障害

一緒に

うつ病でも双極性障害でも、本人と第三者から見た感じ方はそれぞれ異なります。違いとして、うつ病の場合原因が分かっているのでなんとか自分で自覚ができます。対して、双極性障害の場合は病気である自覚が無い為緊急性を見出だせないのです。また、何故こうなってしまったのかという原因を知ることがないので受診時は家族やパートナーと一緒の方が好ましいと言えます。家族やパートナーは冷静に物事を判断することができます。また、双極性障害になった原因を知っていることが多く情報を多く持っていることが多いです。これは、治療をする上で大切なもので事前に、自宅や会社での様子を知ることができればより正確な診断が可能になるのです。

原因の究明は、本人の生活習慣で見ることができます。たとえば、すでにうつ病を患っていた場合薬の服用で改善を見込みますが気分の高まりが見えた場合双極性障害を発症している可能性があります。また、ちょっとした変化を見逃さないことも双極性障害から自分を守る為なので、異変を感じた場合は病院へ受診をしましょう。双極性障害の場合、躁の部分が強く出ている為病院への受診自体に疑問を抱くことが多いです。これは、本人が最も気づきにくい状態なので、家族やパートナーの協力が不可欠になります。治療で大切なことは、焦らないことです。これは家族にも言えることです。躁の場合、気持ちが沈むといった傾向がない為中々自分の病気を理解するまで時間がかかります。しかし、症状を上手くコントロールすることが出来れば双極性障害の根本的な原因を解決できるのは間違いないのです。双極性障害ではない自分を再度思い返し、また新たな気持ちで生活をすれば自然と快方へ向かうでしょう。