ストレスや生活リズムの乱れが誘因となって 発症することの多い双極性障害

症例を見る

双極性障害は本人の性格や考え方で発症する訳ではありありません

うつ病とは、気分障害という心の病気になります。これが悪化するとやがて双極性障害に発展します。この病気は誰もが発症する危険性があり、決して人事で片付けられるものではありません。自身が何故、双極性障害になったのかその原因を知ることが、今後の治療に役立つのは言うまでもありませんし、自分自身が発症した時にも必ず役立つでしょう。そこで参考にしたいのが、双極性障害の症例です。ここでは、原因究明だけではなく自分の似た症例の確認が可能です。特に、トップで活躍していたキャリアウーマンタイプは、双極性障害を発症する場合が多いです。原因としては、充実した日々にあります。この時、本人は絶叫調ですので期間のアイディアが常に出てくる状態にありましたが机の上には企画途中の書類が散乱するなどおかしい部分が垣間見えます。徐々に気分を落とし、会社を休むようになります。完全に気分を落とした状態なので急いで病院へ行くと双極性障害という診断をくだされたのです。

うつ病とは原因が違うので治療法も違います

原因として考えられるのは、陽気な性格です。双極性障害を発症する人の性格をまとめたデータを見ると、積極的で社交性、且つユーモア溢れるまさに企画担当に必要な人材です。そういう人程、充実した毎日を感じることが多いですがどこかで大きなストレスを感じていたという憶測もできます。この状態を放置していれば、いずれ自らの命をたっていた可能性も否めません。双極性障害の原因が分かったことで、専門のクリニックで本格的な治療を開始しました。結果は良好で、生活の軌道を徐々に取り戻し破綻していた人間関係の修復に成功しています。また、双極性障害の症状である集中力に関する問題もクリアし、今では元気に仕事をしている人も多いです。自分はまだ大丈夫と、どこかに気持ちがあるのならそれは間違いでしょう。双極性障害は放っといて治るものではありません。正しい診断と原因の解明、そして適切な治療で完治が望めるのです。人間関係で損失を受けた人など社会復帰事態を諦めている人もいるでしょう。しかし諦める前にまず医師に相談し、治療を進めていけばまた活躍できるようになるのです。

双極性障害の原因を、本人の性格やものの考え方にあると思う方もいます。しかしそれは原因ではありません。本人がそのような誤解を持ったままだと、とても辛いのではないでしょうか。双極性障害の原因について正しく理解することで、再発を防ぎ、精神的にも楽になることでしょう。又、本人だけでなく家族の理解も大切です。 双極性障害の原因はまだ断言できるほどには、はっきりとはわかっていません。しかし今の時点で言えることは、遺伝子の影響で発症するということです。人はだれでもが遺伝子の影響を受けます。例えば病気に対する抵抗力なども個人差があるのと同様です。ですから周囲が本人に病気の原因を追究するのは避けるべきです。遺伝子が原因なら、病気が遺伝するのか不安になる方もいますが、遺伝する可能性は極めて低いようです。

双極性障害をうつ病と同じ精神障害だと誤解される方もいます。しかしこの二つは原因が根本的に違います。 うつ病は脳内にあるセロトニンやノルアドレナリンの分泌が低下するから起こると言われています。肉体や精神に過度のストレスがかかった時にこれらの脳内物質の分泌が弱まり、感情のコントロールが難しくなるのです。ですから、うつ病の治療は、セロトニンなどの分泌を促すための薬の投与が主になります。 双極性障害は前述のように遺伝子レベルの話ですから薬物療法が難しいようです。治療には、うつ状態と躁状態の波を小さくするための抗不安薬を投与します。安定した状態が続いても、環境の変化などストレスが加わることにより、再発することもあります。原因は遺伝子にあっても、きっかけは環境の変化にもあります。